やさしい陰陽五行のおはなし【陰陽編】中医学

f:id:lohasjulia:20200618051437j:plain

 

こんばんは、国際中医薬膳師の楠木まみです。

 

皆さんは「陰陽」という言葉をご存じですか?

聞いたことがあるけれど、よく知らないという方のほうが多いのではないかと思います。

 

実は私たちの身体の中や、いつも見ている空や街の中、食べ物など、とにかくありとあらゆるところに陰陽は存在しています。

そして、私が学んでいる中医学、薬膳、易経、占いも、もちろんこの思想が基礎になっています。

 

今日は「陰陽」のおはなしをしてみたいと思います。

 

「陰陽」ってなに?

 

発端は古代中国思想にあり、森羅万象、宇宙、世界のすべてのものを、陰と陽のふたつに分けました。

 

中医学(中国伝統医学)の中では、宇宙のすべてのものは「」という物質で出来ているんですよーと言っていて、陰と陽という相対する「」が交わることで人や自然、世界のすべてが作られたという壮大なお話だったりします。

 

じゃあ、陰と陽をどうやって二つに分けるの?

まず、相対するものは単純に陰と陽に分けることが出来ます。

 

太陽

 

上半身 下半身
背中 腹部
外側 内側
六腑 五臓
皮膚 筋骨
母性 母性

 

まず、上の表は自然界を分けてみたのですが、なんとなくイメージがつかめたのではないかと思います。

そして、下の表は性別や身体の構造を分けてみました。

 

陽は、熱い、明るい、乾燥、軽い、動、火、夏、サバサバ・・・。

陰は、寒い、暗い、じめじめ、重い、静、水、冬、粘着・・・。

このようなイメージです。

 

これを陰陽学説では陰陽の対立』と言い、「対立したふたつの面を持っている」という概念です。

 

そして対立仕合いながらも、陰と陽はお互い必要不可欠な相手で、単独で存在することは出来ないのです。 

このことを『陰陽の互根互用(ごこんごよう)』と言い、「相手があって、はじめて自分が存在できる」という概念です。

上という概念がなければ、下と呼べる概念もないですよね?

高いがなければ、低いもない、美味いがなければ、不味いもない・・・ですよね?

 

ところで、表を見るとちょっと不思議に思うところはないですか?

  

陽と陰の相対性とは・・・

 

陽のところにいる男性にも、下半身はあるし内側や腹部、五臓、そして母性的な部分も持ち合わせていますよね。

実は陰陽の属性は絶対というわけではないのです。

相対的なものとしてとらえるだけでよく、そして更に無限に分けることが出来ます。

陽の中にも陰は存在しているし、陰の中にも陽は存在していて、これを『陽中の陰』、『陰中の陽』と言います。

 

f:id:lohasjulia:20200529003652p:plain


このような図を見たことはありませんか?

陰陽太極図」と言い、この陰と陽は同じ分量で書かれているんですよ。

 

いくら陽が強くなっても陰の中に陽があり、その逆も然り。

陰陽は耐えず運動変化を繰り返していく。

 

わかりやすくするために、太極図に時間を入れてみました。

例えば、陽が増えて朝になり、昼にMAXになった陽が徐々に減少して夕方になり、陰が増えてまた夜になる。

 

陰が増えれば陽が減り、陽が増えれば陰が減る。 

これは『陰陽の消長平衡(しょうちょうへいこう)』と言い、消長(しょうちょう)は、減ったり、増えたりという意味になります。

 

f:id:lohasjulia:20200529010458p:plain

 

二十四節気もこの消長平衡の現象を表すのにわかりやすい事象ですね。

例えば、日本のように四季がないインドネシアやフィリピンなどでも乾季と雨季があり、四季ではないけれどちゃんと季節が存在しています。

これも陰陽の消長平衡でバランスを保っていると言えますよね。

 

「陰極まれば陽と成し、陽極まれば陰と成す」って?

 

最後にお伝えするのは、対立する陰陽がある一方に極まっていくとします。

陽がどんどん増えていったら、どうなると思いますか?

 

実は、陽が極まれば陰に転化する。

そして、陰が増えて極まると陽に転化する。

 

簡単に言うならば、「行き過ぎた行為」のようなもの。

自分だけが増えていっても、相手を潰すことはできないのです。

寧ろ、自分がいなくなる。

この理論はスケールが大きくて説明が難しいのですが、こういうイメージです。

このことを『陰陽の相互転化(そうごてんか)』と呼んでいます。

 

バランスを崩すと滅びる。

バランスを崩すと人間関係が壊れる。

身体もバランスが崩れると病気になる。

 

過ぎたるは、なお及ばざるが如し」です。

何事も中庸を意識していきたいですね。

 

最後、ちょっとまとめておきます。

 

まとめ

陰陽学説とは 

① 陰陽の対立・・・相対するふたつの面がある

② 陰陽の互根互用(ごこんごよう)・・・相手があって初めて、自分が存在できる

③ 陰陽の消長平衡(しょうちょうへいこう)・・・変化しながらバランスを保っている

④ 陰陽の相互転化(そうごてんか)・・・陰極まれば陽と成し、陽極まれば陰と成す

 

やさしい陰陽のおはなしのつもりでしたが、書いてみたらそんなにやさしくないですね。

陰陽については、また今後の記事でも言及していきたいと思います。

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。